スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

喫煙とインプラント



最近、中央区でも千代田区にならい喫煙できる場所が少なくなりました。

また禁煙外来などタバコを吸わないという意識が高まって来ているように

感じます。

未来会の各医院でもインプラント治療をする患者さんに禁煙を指導しています。

タバコの有害性は誰でも知っていることですが、それではなぜいけないのでしょうか?

@タバコ煙の有毒性@

タバコ煙には喫煙者が吸煙する主流煙(900℃前後で発生)と自然燃焼時に立ち上がる副流煙(400℃〜600℃で発生)があります。

どちらもタバコ煙の成分は粒子相成分とガス相成分の両方に発がん物質、心臓血管毒性物質が含まれています。

ニコチン:
     煙を吸うことで急激に血中濃度が上昇し、ニコチン依存症を発生させます

     また気道(鼻、のど、気管など)刺激性、循環器(血管や心臓)毒性、

     鎮静麻酔効果があります

ニトロサミン類:
    腺組織(肺、胃、膵臓、腎臓など)にがんを発生させやすいと言われています。

   副流煙中のニトロサミンの含有量は主流煙の数倍〜数十倍で、低タールタバコ、低ニコチン      
   タバコ、受動喫煙者に肺腺がんの発症のリスク増加がはっきり示されています。

 タバコに含まれるニコチンやタールは直接的、間接的に歯肉にダメージを与えます。

 ニコチン、タール、一酸化炭素などの有害物質により、

  @血管が細くなり、身体を守る細胞が届きにくくなります。歯肉は毛細血管が多いためそれらが
 
  収縮するため血流が悪くなります。

  @身体を守る細胞の能力を低下させます。

  @歯肉を構成する細胞にダメージを与え、治療を効きにくくします。

口腔内の健康にとっても禁煙は効果的です。
スポンサーサイト

3iインプラントの特徴

3iインプラントの特徴のひとつとして骨組織との親和性があります。

 ハイブリッドデザインの3iインプラントのインプラント下部にはオッセオタイトという

不規則な凹みを持つ独自の粗造面により、骨との親和性が非常によく、埋入後の

インプラント生存率が従来の機械加工のインプラントに比べると格段に良い結果が

報告されています。

また喫煙者のインプラント治療が可能であるのもこのインプラントの特徴です。

(できれば禁煙が好ましいですが)

喫煙により口腔内の微細血管の収縮や代謝の低下によりインプラント体と

骨組織との結合がうまく進まないなど、埋入後のトラブルによりインプラントの

除去にいたるケースがありました。

 3iインプラントではハイブリッドデザインによるインプラント体と骨組織との

親和性の高さにより短期間で結合・安定するので、非喫煙者とほとんど

変わらない成功率が報告されています。



         
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。